ORACLE/EXPORT(expdp)編

オラクルちょこっとリファレンス

HOME > EXPORT(expdp)編

EXPORT(expdp)

expdpはOracle10gから導入された新しいエクスポートユーティリティです。

以前の expと比べ、パフォーマンスが向上して高速にエクスポートができたり、
ダンプファイルの暗号化や圧縮化など多くの機能が追加されています。

Oracle11g以降では、以前のコマンドである expは非推奨になっています。

EXPORT概念図

expdpの構文

expdpの構文は以下の通りです。

expdp構文
expdp <ユーザ>/<パスワード>@<接続文字列> <オプション>

expdpのオプション

expdpのオプションには以下のようなものがあります。

ここで取り上げたものは、よく使われる主要なオプションのみです。

【いずれか1つ指定可能なオプション】
パラメータ説明
fullデータベース全体をエクスポートする時にyを指定する
(例)full=y
tablespaces対象表領域単位でエクスポートする時に指定する
(例)tablespaces=tbs01
schemasスキーマ単位でエクスポートする時に指定する
(例)schemas=taro
tablesテーブル単位でエクスポートする時に指定する
※複数指定する場合はカンマで区切ってください。
(例)tables=taro.m_test tables=m_test1,m_test2,m_test3
【共通オプション】
パラメータ説明
directoryエクスポートファイルを作成するディレクトリを、DIRECTORYオブジェクト名で指定する
※実パスは指定不可です。
dumpfileエクスポートしたデータのファイル名を指定する
(例)data.dmp
logfileエクスポート時のログファイル名を指定する
(例)data.log
contentエクスポート対象を指定する
 data_only:表のデータのみ
 metadata_only:オブジェクト定義のみ
 all:定義とデータ(デフォルト)
estimate_onlyエクスポートを実行せず、ディスク容量の見積りだけ行う
excludeエクスポートから除外したいのオブジェクトを指定する
(例)インデックスを除外する場合 ⇒ exclude=INDEX
parfileパラメータファイルを指定する
※パラメータファイルは、パラメータをファイルに箇条書きしたものです

別のユーザーが所有する表をエクスポートする場合は、
 EXP_FULL_DATABASEロールが必要です。

expdp文の例

(例)データベース全体をエクスポートする

【データベース全体】
C:¥>expdp taro/pass@db01 full=y directory=dir01 dumpfile=data.dmp logfile=data.log

(例)表領域単位でエクスポートする

【表領域単位】
C:¥>expdp taro/pass@db01 tablespaces=tbs01 directory=dir01 dumpfile=data.dmp logfile=data.log

(例)スキーマ単位でエクスポートする

【スキーマ単位】
C:¥>expdp taro/pass@db01 schemas=taro directory=dir01 dumpfile=data.dmp logfile=data.log

(例)テーブル単位でエクスポートする

【テーブル単位】
C:¥>expdp taro/pass@db01 tables=m_test1,m_test2 directory=dir01 dumpfile=data.dmp logfile=data.log

(例)オプションをパラメータファイルで指定してエクスポートする

【パラメータファイルでエクスポート】
C:¥>expdp taro/pass@db01 parfile=parameters.par
パラメータファイル例(parameters.par)
schemas=taro directory=dir01 dumpfile=data.dmp logfile=data.log  ...

directoryは事前に作成しておく必要があります。
 詳しくは DIRECTORY編 をご覧ください。


ToTop