ORACLE/V$表編

オラクルちょこっとリファレンス

HOME > V$表編

V$表(動的パフォーマンスビュー)

V$表はOracleサーバの現在のさまざまな状態を調べたいときに使用します。名前に「動的」と付くように取得できる値は刻々と変わります。

V$表の一覧は以下のSQLで取得できます。

V$表の一覧を取得する(要権限)
SELECT OBJECT_NAME FROM DBA_OBJECTS WHERE OBJECT_NAME LIKE 'V$%';

V$表はテーブルなので、SELECT文やDESCコマンドにて情報を取得できます。
使用例はこちらをご覧ください→DB情報編

主要V$表

V$表は全部で200以上あり、紹介しきれないので主要な表のみ紹介します。

表名 説明
V$BACKUP データファイルがオンラインバックアップ中かどうか調べる
V$CIRCUIT ディスパッチャとサーバの使用状況(クライアントとディスパッチャを通過した情報量など)を確認する。
(1つの共有サーバ接続につき1つのエントリを表示する)
V$CONTROLFILE 制御ファイルに関する情報を調べる
V$DATABASE 接続中のデータベース名や作成日を調べる
V$DATAFILE データファイルの情報
V$DATAFILE_HEADER データファイルのヘッダー情報を調べる
V$DISPATCHER ディスパッチャ情報を調べる
V$INSTANCE 接続中のインスタンス名やバージョンを調べる
V$LOG REDOロググループの状態やログ順序番号などを調べる
V$LOGFILE REDOログファイルの名前や状態(CURRENT/INACTIVE)を表示
V$NLS_PARAMETERS データベースの文字コード等を調べる
V$PARAMETER 現在セッションで有効になっている初期化パラメータの値を示す
V$QUEUE 要求や応答のキュー情報を調べる
V$SESSION セッション情報を調べる
V$SGA SGAのサイズを調べる
V$SHARED_SERVER 共有サーバプロセスが現在、要求処理中かどうかなどを確認する
V$SPPARAMETER SPFILEの内容を示す
V$SYSTEM_PARAMETER インスタンス全体の初期化パラメータの値を確認する
V$TABLESPACE 表領域に関する情報を調べる
V$TEMPFILE 一時ファイルに関する情報を調べる
V$LOG_HISTORY REDOログの履歴を調べる
V$ARCHIVED_LOG アーカイブログの履歴を調べる
V$ARCHIVE_PROCESSES アーカイバ(ARCn)の状態を調べる
V$ARCHIVE_DEST アーカイブに関する情報を調べる
V$RECOVER_FILE リカバリが必要なデータファイルを調べる
V$RECOVERY_LOG 障害が発生しているデータファイルのリカバリに必要なアーカイブログの情報を調べる
システム統計情報
表名 説明
V$STATNAME 全てのシステム統計名称
V$SYSSTAT インスタンス起動後のシステム統計の累積情報
V$SESSTAT セッション毎のシステム統計の累積情報
V$MYSTAT 現在のセッション開始後のシステム統計情報
V$SGASTAT SGA領域の情報
V$PGASTAT   
V$ROLLSTAT   
V$WAITSTAT ブロック競合の統計情報
V$TEMPSTAT ファイルI/Oの統計情報
V$UNDOSTAT   
待機イベント
パラメータ 説明
V$EVENT_NAME 全ての待機イベント名称
V$SYSTEM_EVENT インスタンス起動後の待機イベントの累積情報
V$SESSION_EVENT セッション毎の待機イベントの累積情報
V$SESSION_WAIT 現在待機している待機イベント情報

ToTop