ORACLE/DATABASE編

オラクルちょこっとリファレンス

HOME > DATABASE編

DATABASE

DATABASEはオラクルの最も基本的な部分です。
オラクルデータベースは、DATABASEを作成してその中にTABLESPACEという領域を作成して、さらにその中にTABLEとかINDEXなどを作成するという造りになります。

DATABASEの作成

DATABASEの作成には、CREATE DATABASE句を使用します。
SYSDBA権限でアイドルインスタンスに接続したうえで、CREATE DATABASE文をオラクルをNOMOUNT状態で実行します。

(例)初期化パラメータファイルを指定してNOMOUNTモードでオラクルを起動する。
CONN SYS/change_on_install AS SYSDBA (パスワードはデフォルトの場合) STARTUP NOMOUNT SPFILE=C:\init.ora (ファイルは、C:\init.ora)
CREATE DATABASE構文
CREATE DATABASE <データベース名>
  LOGFILE GROUP 1('<グループ1・メンバー1のREDOログファイルへのパス>'
                 ,'<グループ1・メンバー2のREDOログファイルへのパス>', ...) SIZE xx
          GROUP 2('<グループ2・メンバー1のREDOログファイルへのパス>'
                 ,'<グループ2・メンバー2のREDOログファイルへのパス>', ...) SIZE xx
  DATAFILE 'SYSTEM表領域のデータファイルへのパス>' SIZE xx
    [AUTOEXTEND {OFF | ON [NEXT xx]}]
    [MAXSIZE {UNLIMITED | SIZE [NEXT xx]}]
    [EXTENT MANAGEMENT LOCAL]
  SYSAUX DATAFILE 'SYSAUX表領域のデータファイルへのパス>' SIZE xx
  DEFAULT TEMPORARY TABLESPACE <一時表領域名>
    TEMPFILE '一時表領域のデータファイルへのパス>' SIZE xx
    [AUTOEXTEND {OFF | ON [NEXT xx]}]
    [MAXSIZE {UNLIMITED | SIZE [NEXT xx]}]
  UNDO TABLESPACE <UNDO表領域名>
    TEMPFILE 'UNDO表領域のデータファイルへのパス>' SIZE xx
    [AUTOEXTEND {OFF | ON [NEXT xx]}]
    [MAXSIZE {UNLIMITED | SIZE [NEXT xx]}]
  [ARCHIVELOG | NOARCHIVELOG]
  [LOGGING | NOLOGGING]
  [CHARACTER SET キャラクタセット]
;

パラメータ 説明
LOGFILE REDOログファイルの作成場所、サイズ、グループとメンバーの構成を指定する
DATAFILE SYSTEM表領域ファイルの作成場所、サイズを指定する
SYSAUX DATAFILE SYSAUX表領域ファイルの作成場所、サイズを指定する
(※この表領域はOracle10gより追加された必須表領域です。)
DEFAULT TEMPORARY TABLESPACE 一時表領域ファイルの作成場所、サイズを指定する
UNDO TABLESPACE UNDO表領域ファイルの作成場所、サイズを指定する
AUTOEXTEND 表領域ファイルの自動拡張の指定
 OFF:しない
 ON:する(NEXT サイズ)で拡張するサイズを指定する
MAXSIZE 表領域ファイルを自動拡張するにした場合、その上限値の指定
 UNLIMITED:無制限
 サイズ指定:指定したサイズまで
[ARCHIVELOG | NOARCHIVELOG] REDOログのアーカイブ指定
 ARCHIVELOG:自動アーカイブモード
 NOARCHIVELOG:手動アーカイブモード
[CHARACTER SET キャラクタセット] このデータベースで使用する文字コードを指定する
(例)JA16SJISTILDE
SIZE xx 各物理ファイルのサイズを指定する
(例)SIZE 512K、SIZE 256M、SIZE 1Gなど

DATABASEの作成例

CREATE DATABASEの例です。

DATABASE作成の例文
--TESTDBというデータベースを作成する CREATE DATABASE TESTDB LOGFILE GROUP 1 ('C:\DATAFILE\REDO\REDO01A.log', 'C:\DATAFILE\REDO\REDO01B.log') SIZE 10M GROUP 2 ('C:\DATAFILE\REDO\REDO02A.log', 'C:\DATAFILE\REDO\REDO02B.log') SIZE 10M DATAFILE 'C:\DATAFILE\DATA\SYSTEM01.dbf' SIZE 256M AUTOEXTEND ON NEXT 64M MAXSIZE UNLIMITED SYSAUX DATAFILE 'C:\DATAFILE\DATA\SYSAUX01.dbf' SIZE 256M DEFAULT TEMPORARY TABLESPACE TEMP01 TEMPFILE 'C:\DATAFILE\DATA\TEMP01.dbf' SIZE 256M UNDO TABLESPACE UNDO01 DATAFILE 'C:\DATAFILE\DATA\UNDO01.dbf' SIZE 256M ARCHIVELOG CHARACTER SET JA16SJISTILDE ;

ToTop