ORACLE/システム変数編

オラクルちょこっとリファレンス

HOME > システム変数編

システム変数

システム変数でSQL*Plusでの表示方法や動作を設定できます。この設定は起動したSQL*Plus毎に設定できるので、同じOracleServerに接続する複数のクライアント毎に値を設定できます。

システム変数の設定

設定方法には、SQL*Plus起動後にコマンドラインから SET~ で1つずつ設定する方法と、設定ファイルに記述しておいてSQL*Plus起動時に自動的に設定する方法があります。

<コマンドラインから設定する方法>
「SET システム変数名 値」  の書式で設定します。  (例)1行の表示文字数を200文字に設定する → SET LINESIZE 200  (例)コマンドの実行に掛かった時間を都度表示させる → SET TIMING ON
<SQL*Plus起動時に自動で設定する方法>
(例)テキストファイルにコマンドラインから設定するのと同じ書式で記述して、 「login.sql」というファイル名で以下のフォルダに保存する。  %ORACLE_HOME%dbs  (%ORACLE_HOME%とはオラクルがインストールされているフォルダの事です。)

現在のシステム変数の設定値を確認したい場合は「SHOW システム変数名」で確認できます。
SHOW ALL とやると全てのシステム変数名と設定値を確認できます。)

システム変数一覧

※太字はよく使用されると思われるコマンドです。

システム変数名 説明
all システム変数の一覧と設定値を表示する
appinfo
arraysize DBから一度にFETCHする行数を指定
(デフォルト15)
autocommit オートコミットをするかしないか (ON/OFF)
オートコミットとはUPDATE,INSERT,DELETEが正常終了した時点で自動的にCOMMITも実行される機能の事です
autoprint コマンド実行後にバインド変数を表示するかしないかの設定
autorecovery
autotrace SQLを実行する度に実行計画を表示する (ON/OFF)
※事前にプランテーブルの作成が必要。(utlxplan.sql)
blockterminator
btitle
cmdsep 1行に複数のSQL*Plusコマンドの記述を許すかどうか(ON/OFF/セパレータ)
colsep 検索時のカラムの区切り
compatibility SQLのバージョンを指定する(デフォルト:NATIVE)
concat
copycommit
copytypecheck
define
describe desc(ribe)コマンドの表示方法の設定
echo コマンドファイル実行時にコマンドを表示するかしないかの設定
editfile editコマンドで一時的に値を保存するファイルの名称
embedded
error[s] 一番最後に発生したエラーを表示する
escape エスケープ文字を設定する (ON/OFF/設定値)
(ONを設定した場合はデフォルト値の「\」が適用される)
feedback 検索結果の最後に件数を表示する場合はONを指定する
flagger SQL92に準拠しているかどうかを調べる設定
flush 画面出力時のバッファ使用の有無の設定
heading 検索結果にカラム名を表示させる場合はON
headsep 列ヘッダの区切り文字設定
instance
linesize 1行に表示できる最大文字数を設定する
lno
loboffset
logsource
long LONG列の表示幅の設定
longchunksize
markup 出力形式をHTML形式にする場合はon
newpage ヘッダー(カラム名の行)の上に表示させる空白行数
null 検索結果がnullの時に表示させる文字 (ex:null)
numformat 検索結果が数値の時に使用するフォーマット形式
(フォーマット形式については→フォーマット形式編をご覧ください。)
numwidth 検索結果が数値の時に表示可能な最大桁数を設定する
pagesize 検索結果に挿入するヘッダーの間隔
(ここで指定した値ごとに検索結果にカラム名が表示される)
parameter[s] 初期化パラメータ設定値を確認する
pause pagesizeの値ごとに表示を止める(ON)/止めない(OFF)
pno
recsep レコードセパレータの表示の有無設定
recsepchar レコードセパレータに表示する文字
release リリース番号を確認する
repfooter
repheader
serveroutput DBMS_OUTPUT.PUT_LINE(ストアドでデバッグ用の文字列などを出力できるパッケージです)の結果を表示する場合はONを指定する
sga SGAのサイズを確認する(SHOWのみ)
shiftinout シフト文字の表示の有無設定
showmode システム変数を変更した時に、変更前・後の値を表示するかどうかの設定
spool コマンドの実行結果をファイルに吐き出すかどうかの設定
(出力時:spool ファイル名 / 停止時:spool off)
sqlblanklines SQL文中に空白行を許可する(ON)/しない(OFF)の設定
sqlcase コマンドを実行する前に小/大文字に変換する
upper:大文字 lower:小文字 mixed:変換なし
sqlcode 一番最後に発生したSQLコードを表示する
sqlcontinue
sqlnumber SQL入力途中で改行を入れる時、行番号を表示するかしないかの設定
sqlpluscompatibility
sqlprefix SQL*Plus の接頭文字を設定する
sqlprompt SQL*Plusのコマンド待ち時の表示 (ex:SQL>)
sqlterminator SQLコマンドの終了を意味する文字を指定する
(デフォルトは";")
suffix エディットファイル名のデフォルトの拡張子 (ex:.sql)
tab SQL*Plusが出力する空白を指定する(off:空白→空白、on:空白→tab)
termout ファイルからコマンドを実行した時の画面への出力を指定する
ON:出力する OFF:出力しない
time ONにするとコマンドラインの先頭に現在時刻を表示する
timing SQLを実行する度に実行に掛かった時間を表示する (ON/OFF)
(SQLの実行時間を調べたい時に便利です)
trimout SQL*Plusの出力行の最後に後続の空白を入れるかどうかを指定する
trimspool SPOOLした結果行のうしろに付く空白の処理
ON:空白を無くす OFF:空白を無くさない
ttitle
underline 検索結果のカラム名の下に表示する文字 (ex: - )
user 自分のユーザ名を表示する(SHOWのみ)
verify
wrap 実行結果が1行(linesizeの桁数)に収まらない場合の表示形式を指定
ON:折返して表示 OFF:切捨て

※ [ ]内の文字は省略可です。

ToTop