ORACLE/USER編

オラクルちょこっとリファレンス

HOME > USER編

USER(ユーザー)

ユーザーはデータベースにログインするユーザのことです。
作成したユーザにはさまざまなパラメータを設定することが出来ます。

ユーザーの作成

ユーザーの作成には、CREATE USER句を使用します。

CREATE USER構文
CREATE USER ユーザー名
  [identified by 初期パスワード]
  [default tablespace 表領域名]
  [temporary tablespace 一時表領域名]
  [quota <サイズ> on 表領域名]
  [profile プロファイル名 | default]
  [account lock | unlock]
  [password expire]
;
パラメータ 説明
identified by ユーザーの初期パスワードを指定
default tablespace ユーザーに割り当てるデフォルトの表領域名を指定
temporary tablespace ユーザーが使用する一時表領域名を指定
quota ユーザーが使用できるディスクスペースのサイズと表領域名を指定
サイズの単位はK(キロバイト)とM(メガバイト)が使用できる。
profile プロファイルを使用する場合はプロファイル名を指定
デフォルトのプロファイルを適用したい場合は「default」と指定する。
(プロファイルについては「オブジェクト/PROFILE編」をご覧ください。)
account ユーザーの使用可(unlock)・不可(lock)を指定する。
password expire これを指定すると、このユーザーが初めてログインした時に強制的にパスワードを変更要求するようにできる
CREATE USER文の例
CREATE USER taro identified by taropw default tablespace USER01 temporary tablespace temp quota 50M on USER01 profile default ;

この例文だと、ID="taro"、パスワード="taropw"でデフォルトの表領域は「USER01」表領域で、使用できる最大スペースは「50MB」、一時表領域は「temp」表領域、でプロファイルはデフォルトプロファイルを使用するユーザーが作成されます。

※最低限、ユーザ名・パスワードを指定すればユーザは作成できますので、以下のCREATE文でもユーザは作成できます。

最小限の指定でユーザを作成する例
CREATE USER taro identified by taropw ;

ユーザーを作成するためには、「CREATE USER」システム権限が必要です。

ユーザーの変更

ユーザー情報の変更には ALTER USER句を使用します。

ALTER USER構文
ALTER USER ユーザー名
  [identified by パスワード]
  [default tablespace 表領域名]
  [temporary tablespace 一時表領域名]
  [quota <サイズ> on 表領域名]
  [profile プロファイル名 | default]
  [account lock | unlock]
  [password expire]
;

※パラメータの詳細は、上記「ユーザーの作成」をご覧ください。

ユーザーの削除

ユーザーの削除には DROP USER句を使用します。

DROP USER構文
DROP USER <ユーザー名> [CASCADE];

パラメータ 説明
CASCADE 削除するユーザーのスキーマ内のオブジェクトも、一緒に削除する場合に指定する
DROP USER例文
--ユーザー(taro)と、スキーマ内のオブジェクトを削除する。 DROP USER taro CASCADE;

ToTop