ORACLE/SQL例文集(オブジェクト情報2)編

オラクルちょこっとリファレンス

HOME > SQL例文集(オブジェクト情報関連2)編

SQL例文集(オブジェクト情報関連2)

オブジェクト情報編2は、オブジェクト情報編1の続きです。

※データディクショナリ名の接頭辞は(DBA_)で表示してあります。ログインユーザの権限や用途に合わせて接頭辞を(ALL_)、または(USER_)に読み替えてください。
接頭辞の意味については→データディクショナリ編をご覧ください。

ファンクション・プロシージャ・パッケージ関連

サンプルSQL
--☆利用不可となっているファンクションを表示する。
SELECT OBJECT_NAME FROM DBA_OBJECTS
  WHERE OBJECT_TYPE='FUNCTION' AND STATUS='INVALID';

--☆利用不可となっているプロシージャを表示する。
SELECT OBJECT_NAME FROM DBA_OBJECTS
  WHERE OBJECT_TYPE='PROCEDURE' AND STATUS='INVALID';

--☆利用不可となっているパッケージを表示する。
SELECT OBJECT_NAME FROM DBA_OBJECTS
  WHERE OBJECT_TYPE='PACKAGE' AND STATUS='INVALID';

--☆ファンクションを再コンパイルする。
ALTER FUNCTION ファンクション名 COMPILE;

--☆プロシージャを再コンパイルする。
ALTER PROCEDURE プロシージャ名 COMPILE;

--☆パッケージを再コンパイルする。
ALTER PACKAGE パッケージ名 COMPILE;

--☆ソースを表示する。
SELECT TEXT FROM USER_SOURCE WHERE NAME = 'ファンクション名';
--※NAME='ファンクション名' の部分は大文字で指定してください。

ToTop